Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF このレンズって白がキレイ。

日曜は所用で千葉に行ったついでに写真も結構撮ってきたんだけど、ロクなのが無い。
最近慣れてきて、そんなことくらいじゃ凹まない(笑)

それなら・・と、千葉・大原のお薦めスポットのご紹介。

食事なら、ここ。

Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF

「かねよ食堂」
私の青春を語る上で欠かせない食堂。
サーファー、トラックドライバー、海夜活隊員達の御用達で、入り口にはサーフショッブのステッカーが張ってある。
お薦めは「肉ニンニク」だ・・あ、よだれが出て来る。


GR Digital + ワイコン 21mm

テーブルに配置されたそのままのマヨネーズ、二十数年からこうだった記憶がある。
これを肉ニンニクの汁が染みた千切りキャベツにつけて食べると・・ああ、うまい・・とても悦楽。
このマヨネーズをキャベツにつけるか、それとも肉につけて食べるのかは、自由だぁーっ。

この看板が目印。国道沿いです。

Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF

コースとしては、大原漁港を過ぎ北上していくと「ヤックスドラッグ」というドラッグストアが右に現れる。ここは薬はもちろん、釣り道具、アウトドア用品などなど、海で遊ぶ道具は何でも安く揃う。
ここに寄って、アイスボックスと氷を買い、その先左手に現れる「やまか水産」で干物を買って入れる。おかあさん(おばあちゃん)が炭火七輪で焼いた干物を試食させてくれる。美味いぞ。
ここでは干物はもちろん塩辛も美味い。たいてい何本か買って帰る。
で、そのすぐ先の「かねよ食堂」で腹ごしらえをしてから帰る・・たいていこのパターンだ。

One thought on “千葉・大原

  1. き。ぃもん より:

    海夜活の下見も兼ねてか?と、なにげにぷっしゅしてみる。
    昔、大原海岸行った時「かねよ食堂」はザムネンながらお休み。
    しげーチカラで絞り出されたようなマヨネーズがキニナル。
    んで、「やまか水産」?かどうか定かではないが、魚市場で一尾捌いてもらってしょうゆぶっかけ、
    コンビニ白ご飯と共に、海岸にてモリモリたびた。ぅんまかったさ〜。モチロン、干物のお土産も♪
    「かねよ食堂」リベンジ!また行きたい気持ちがもりもり。
    「肉ニンニク」めっちゃ旨んまそ〜。ぎゅるぎゅるぅ〜〜(^0^)。

ただいまコメントは受け付けていません。