みなさまお元気でお過ごしですか? しばらく更新をサボってました。
天気の悪さを言い訳に、あまり写真も撮れませんでした。

さて、今夜から京都に行きます。
あちらの天候もぱっとしないようですが、週末は写真を撮ってふらふら歩こうと思ってます。
時間があれば京都から更新するかもしれない。

タイトルの「どどっと400」は、ニコンの子会社、株式会社ニコン技術工房が販売していた、「Fun・Fun・LensSet Nikonおもしろレンズ工房」という3本セットのうちのひとつです。
400mmの固定絞り、デジカメに付けたので35mm換算で600mmで、その上F値が8だし、手持ちだし(笑)手ぶれは必死なので明るいうちに撮ろうと慌てて会社のベランダに出たけれど午後4時・・光量ぎりぎりか。


Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF
デジカメなんで換算75mm位だとこんな感じ。水平が出てないのはご愛嬌ね。
中心辺りの青い部分に注目。

で、どどっと400に変えてみた。換算600mm。


Nikonおもしろレンズ工房・どどっと400/F8
看板工事の人服装やヘルメットの色までわかる。写真をクリックすると大きく見れる。

ここまで寄れると面白いけれど、常に手ブレで揺れている状態。被写体にピントを合わせるのは容易ではないし、あまり楽しくもない。だからあまり使う機会も無かったのだ。
普段望遠レンズを使っても120mmくらい、デジカメで使っても換算180mmなのでここまでブレないし、だいいちVR付きなので楽チンだ。
望遠に三脚は必須なんだろうけど、僕のような快感原則だけで写真撮ってるスナッパーは三脚を持つと行動しにくくなるんだな。
※いっちょまえの三脚は持ってるんだけど、三脚立てて通行妨害してた有名写真会のあまりに酷いマナーを目撃してから使いたくなくなった。

話をレンズに戻すけど、この「おもしろレンズ工房」は、商品名どおり楽しさ面白さを目的に発売したんだろうけれど、そこはNikonだ、良く写る。期待してなかったぶん、ちょっと驚いてる。
他の2本のレンズ(魚眼とマクロ/ソフト)で撮った写真もそのうち載せます。