一週間の総括(笑)・・オリンピックだ。

※更新サボっていた事実を、なんとなく薄めてしまうナイスなタイトルです。

ブログに向かえなかったのは主にトリノオリンピックの所為です。
イタリアとの時差で毎日が睡眠不足の状態。ライブで全て見れるわけではないのに、自国民が参加しているオリンピックの全競技を選手と共に闘おう!というスローガン「全共闘」(笑)のもと、ただただテレビを見て深夜を過ごす状態が続きました。
その上、滅多に無い「朝から客先打ち」なんてのがあって要早起き・・ほぼ寝られず終日朦朧としていたり、それなのに夜になると元気になってきて呑みに行き、帰タク(笑)してまたテレビの中継で朦朧・・と、なかなか充実した日々が2週間ほど続きちょっとグッタリです。


RICOH GR Digital
※最寄りの法務局前の公園。工場の壁のお陰で雰囲気のある暗さ。そのうちフィルムで撮りにいこ。

そのオリンピックの競技決勝を見て何度も感じたのは、「プロ」と「アマチュア」にはっきり別けられた当然の結果が出ているということ。ここで言う「プロ」「アマ」とは、職業としてのそれではなく、姿勢とか意識、勝ち方という意味です。

どの競技でもメダルを取った選手は実に安定していて、キチっと勝ちに来ていることがわかる。
失敗しないための戦略、万が一のリカバリ、体調管理、チームとして、団体としてのシステム、そこにはロケットを宇宙に打ち上げるのと同じくらいの準備があると思うんだ。F1だってそうだ。

たとえば、女子フィギュアで表彰台に上がった2人はジャンプ失敗して尻餅着いてんだよ。
ミスがあっても確実にトップに食い込む、ひとつ上のレベルの高い技術と演技力をトリノに持ち込んで来ている証拠だ。

お祭り気分で、妙な奇声を上げて飛び出して行って、練習でもまず成功しない一か八かの技を仕掛けて、当然のように失敗して低い点数を出した挙げ句、「でも楽しめました」「次もサムライ精神で」とか言ってる「アマチュア」以前のタダのガキに頼るしか無い競技もあって、実に情けない。
そんなガキを楽しませるために、沢山の人とお金を使うのなら、もっと他に使え。
メダルは無理だと判っていても、せめて、参加する事に意義のある選手がいる時にだけ参加すべきだよ。
同じ競技で、他国のほとんど同じ年齢の選手が「プロ」として競技していたのを見ても、あのガキも、あのガキをトリノに送り出してしまった無責任なオトナ達も何も感じないんだろうなあ。

それともうひとつ。今まさに女子カーリングの試合中なのに、それを放送もせず、ぴーちくぱーちく(笑)既に終わった違う競技を長々振り返ってどうするよ、NHK!。彼女達は闘ってんだぞ、応援しろよっ。受信料払う気失せる。
カーリングだけじゃない。マイナーなスポーツも放送して紹介しないと層が厚くならないだろう、公共放送の公平性って何だ?・・ぶつぶつ
・・書いてるうちに色々思い出して頭に来た(笑) がるるる・・ワンワンッ・・・キャインキャイン。

言いたい事は沢山あるんだけど。このくらいにしておこ。


RICOH GR Digital  雨を頑張って撮ると決めたので、頑張っている。






話はうんと変わって・・「イベリコ豚」食べました。

TVの「うるるん」で見て食べたくなってネットで検索。
ちょっと高いよなあ・・と思いつつも騙されてみようと注文してみた。
※イベリコ豚ってのは、スペイン原産で「どんぐり」だけを与えて育てた豚で、肉は霜降りで甘みが有り、脂身の57%はオリーブ油と同じ「オレイン酸」だ・・と書いてある。
購入したのはイベリコ豚の詰め合わせで、ロースとかミンチとか5種類入っている。(豚がそのまんま詰め合わされてるわけじゃないぞ、キミ)
とりあえず最初にその中の「角煮」を食べたんだけど、その味ときたら・・・あ、このハナシでブログのエントリーが1日分稼げる・・

というわけで、イベリコ豚の続きは次の機会に・・Adios, Hasta pronto.(笑)