冬休みの課題。

購入13ヶ月で昇天したまま仮眠させていたPowerBook G4。なぜか急に思い立ち、修理に出そうとアップルに電話した。


FinePix F30

状況は、
・キーボードのリターンキーが外れてしまう。中の小さい部品が欠けてる。
・ハードディスクのクラッシュ。当然起動しない。
説明して暫く待つと担当氏が「技術の詳しい人間と話をしました」と見積金額を告げてくれた・・12万円だって。
なんで?思いの外高いんで笑ってしまった。

「新しい機種をお求め頂いたほうが・・」と予想通りの返答。(こっちは昇天した数日後に必要に迫られ、既に新しい機種をお求めになってるんでございますよ・・)
直接修理会社にも聞いてみようとリンクを探すが、以前Appleのサポートにあったリンクが無くなっている・・・Intelじゃない古いMacは治さない戦法か?と疑っちゃう。



結局自分で直すことにした。とりあえずヤフオクでキーボードのジャンクを落札、2500円也。使うのはキートップを支えているプラ部品一個だけなので悔しいけど仕方ない。ハードディスクは120G(1万円少々)を奢った。分解方法を詳しく解説しているHPを探して、なんとか終了。
1時間かからなかったが人様にはオススメしません。
ボディを止めているツメを外すところが難所で、幸いにして成功したという感じ。

ついでにリチウムイオンバッテリーのリコールを暮れも押し迫ってから申し込んで、1月4日に到着。今日になってようやく箱から出したけど見た目は何も変わらないので写真は割愛。

いちおう完全復活したPB G4だけど、MacBookと比べるとその処理速度や画面の暗さが気になってしまう。新しい機種はやはり進化してんだなあと実感した。すぐ使う予定も無いので(笑)結局修理前と同じで来るべき時に備えて再び仮眠中。