責め苦と凌辱の予定。

※捨て身のタイトルである。


RICOH GR Digital 

大腸ポリープ切除から1年と2ヶ月。予定ではその半年後くらいに再検査して、何も無ければ次は1年後に、それでも何も無ければ2・3年後に・・というセンセイの言葉をすっかり無視して早一年と二ヶ月。
ちょっと不安になってたのと、この十日くらいずっと胃が痛いんでついでに診てもらおうと病院に行ってきた。

で、二週間後に検査をすることになった。
まず午前中は下剤を飲まされる責め苦を受け、午後は口とお尻から責めを受けます。凌辱のダブルです(馬鹿)

二日間も休めないので1日で二つの検査をして貰う事にしたんだ。大腸と胃の内視鏡検査を1日でやる。
ガスで膨らまされて大腸だけでも辛かったのに、胃もやったら号泣だろうな。
検査前に自宅で2リットルの下剤を飲んでお腹の中を空にした作業も、最近は病院内の作業に変わったようで、当日朝9時から下剤を与えられ近くに用意されたトイレで作業させられるようだ。これ特に嫌だなあ。同じ作業でも自宅の方が遠慮せずに好きなだけトイレで・・なあ。

※午前中の責めについての詳細は特に克明に報告したいと思う。そう急かすなよ。

※※いま気付いたんだけど、2エントリ続けて臭う内容でしたスミマセン。