マクロ持って散歩。

Jupiter 8Mの試し撮りをしようと思ってたのになかなか手が空かず、陽が傾きそうになって慌てて出掛けた。
以下はそのついでに持参した D200 + ニコンのマクロ 60mm での写真。
マクロレンズだけあって、質感の描写に優れていて彩度もちょっと高いんだけど、遠くもバッチリで実に使いやすい。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
コンクリート塀にペイントした塗料のシズル感(?)まで写る。クリックで拡大。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D 「ハイタッチ」


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
これ、Photoshopでコントラストだけイジった。プロビアで撮ったみたいな空。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
絞っても、ちゃんと遠近感がある。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
こーゆーのは、マクロレンズの独壇場。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
HASSELBLAD 500C/Mで撮った作例にある標識を撮った。約8週間でこんなに草が伸びた。


Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D

いやー、AFは楽。その上AEだもん。
それと比べてはいけないが、Jupiter 8M を付けたカメラ、Contax IIa を久しぶりに使ってみると、シャッターが静かで実に良いんだけど、フィルムの巻き上げ作業とピント合わせのし辛さで、撮影のリズムが全く取れない。
ファインダーが明るくて、ピント合わせが楽で、シングルアクションで巻き上げの出来るレンジファインダーが欲しくなった(Leicaを買う前振りではないぞ)。