都内ガラガラだ。


KODAK V570 パノラマモード。カメラ内で3画像を合成処理。こりゃおもしろい。

会社に来るまでの道、信号で止まった以外すべて流れてた。
お盆休みは東京にいた方が休まるね。
で、弁当買いに外に出たついでに会社の近所をパチリ。


KODAK V570 23mm 構図が酷いのはカメラのせいじゃない。



このカメラ、
・23mm広角レンズ
・デュアルレンズ(23mm,39mm117mm光学ズーム)、デュアルCCD
・パノラマ合成機能
という世界初の機能を3つ搭載してる。
なのに、描画も歪曲も飛び抜けてパッとしないところが、4っ目の世界一かも(笑)
でもまあ、とにかく面白い。写真は理屈じゃない。撮ってて楽しいのが一番・・と感じるカメラなんだな。
※それなのに、僕は殆どGR-Dを持ち歩いてる・・・そのあたりの空気は察しておくれ。


KODAK V570 23mm


KODAK V570 23mm

一部では熱狂的な支持を受けたものの、それがホントにごくごく一部であったためか、あっという間にディスコン。
KODAKのサイトには今だ堂々と出ているのに、販売はしてません。してないよね?不安になってきた。
こないだヨドバシの店頭から消えてたので、店員にワケを聞いたところディスコンだと言ってたぞ。
ちなみに、ヤフオクで高値取り引きされているので、おそらくディスコンだと思われます。
※不安なので、あたらしい情報を確認次第、訂正予定。


KODAK V570 23mm

ちなみに、近い場所で昨年8/29に撮ったこれはもっとワイドな写真。


D70 + AT-X 124 PRO DX 12mm(35mm換算で18mm)

天気が良くて暑い日は、広角が気持ちいい。


KODAK V570 23mm

船から子供たちが手を振ってきたので、手を振り返した。
「あ、写真撮ろう」とカメラを構えながら、もう一度手を振ったら、引かれたようで、ちょっとしか振ってくれなかった。がっかりだぞ、子供っー!。


KODAK V570 23mm

逆行を入れすぎると、派手に転ぶが、そう悪くない転び方。


KODAK V570 23mm 
↑そうそう、子供の頃に「清酒・会津ほまれ」というお酒の名前をよく聞いた気がする。CMやってたのかな?
当時は結構呑まれていた日本酒だったんだろうと思うが、まだ一度も呑んだ事が無い。

本日、夕焼けするようならもう一度撮りに行く予定。
しかし車、少ないなー。

で、行ってきたんだけど、大した夕焼けにはならなかった。


KODAK V570 23mm パノラマ 昼に見えるが、午後6時半すぎ


KODAK V570 23mm 上と反対側 橋のステーばかりで景観悪し。

都内ガラガラだ。” への2件のフィードバック

  1. お空が、コダックしてるね。
    パノラマ、うまく繋がるものだなあ。おもろい。
    以前はかなり苦労したもんだが。
    この機種は、後継機が出るらしいよ。日本発売は未定。
    http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060808/118054/
    電源切ってもフラッシュ設定生きてる仕様だ。さあ、悔しがれ。
    高値は、コダックのデジタル事業移管につられた感じ。

  2. 新機種が出るのか、さすがに情報通だな。
    フラッシュ設定保持はファームアップデートでできると思うんだが
    あまり数売れてないカメラにコストかけたく無いだろう。
    デザインもあまり可愛く無いし、手ぶれ補正もないし、
    売りがパノラマと広角だけだと、ヒットは難しい。パナのLX-1がいい例だ。
    よほど利益率高くないと樫村も売らないんじゃないか?
    悔しいかって?・・悔しくなるようならその前に買うが(笑)、
    残念ながら悔しくなるほどのカメラでは無い。
    そもそもこれも自分のカメラでは無い。

ただいまコメントは受け付けていません。