初期PEN用露出計


「PEN S3.5 固着したフィルターを外す」
の記事に初期PENのシャッタースピード値が最近のそれとは違い使いにくいと書いたけど、その値を使ってる露出計を発見した。
2014-07-30 17.30.05

 

露出計のメーカとしては有名なセコニックが大昔に出していたPETという製品で、そもそも小さい露出計なので写真だと見難いが、メーター内の赤色のところに1/100sとか1/200sの指示がある。↓

 

2014-07-30 17.34.01

ASA(ISO)を決めて被写体に向け、針が振れたところに希望する絞り値を合わせると、小さな窓に(赤色で)10、32、50、100、200というシャッタスピードの指示が出るだけ。初期PENのスピード値は、

  • 1/25
  • 1/50
  • 1/100
  • 1/200

なので、露出計の32が25でなかったのが残念。でもこれで安心して写真が撮れるはずだ。失敗しても露出計のせいにできるしw

 

2014-07-30 17.54.14

 

精度など当てにならないこんな古いセレン露出計を欲しがる奇特な人もいないので、スタート価格800円でそのまま落札。当時の住所宛の登録はがきやストラップなどの付属品も揃っていて当時が偲ばれる。1960年発売の製品で(って同い年だw おれ。)、初期PEN(1959)に合わせたかのような製品。

 

2014-07-30 17.31.39

 

2014-07-30 17.30.56

 

上:人物撮影 下:風景撮影の説明。風景の3)の「1/2きりつめて下さい・・」は実によく伝わる部分。そもそも大雑把なメーターだし、ネガで使う前提なんだろうな。