demiの修理

New Canonetをもう一台確保しておこうと思った直後に意識を失い、気がついたらdemiを落札していた。
まあそれは良いんだがw、撮れた写真がすべて右肩上がりであまりに景気が良すぎる。

 

 

 

ファインダーを覗くと見えるハーフ判のフレーム枠がずいぶんと傾いているのだ。

IMG_2345

 

 

で、ボディをバラす。下にあるのが外したファインダーのユニット。↓

2014-06-19 15.50.58

 

 

フレーム枠の部分(左)とプリズム(右)に別けられる。↓

2014-06-19 15.59.06

 

その枠の角度を変えたいんだが、奥まった所にある上、カチっと取り付けられない。それでもなんとか取り付けて覗くと、枠自体も歪んでいたり。。↓

2014-06-19 16.05.04

 

治具が無いとキチンと置けないようなだし、あったとしても正確に水平を出すのは難しいと判断。無い方が惑わされずにすみそうなので結局枠を取っ払っちゃった(笑)取っても縦長の視野は見えるし、視野角の違いよりも傾いていない事が何より大事なので特に問題なし。ついでにファインダー内のレンズとプリズムを無水エタノールで掃除。クモリも取れて良い感じに。

 

 

バラすために皮を剥かれてすっかり恥ずかしいdemiの姿。↓ 茶色の革を発注中。

2014-06-19 18.29.51

 

6/20 20:01 革が到着したので早速張り替えた。いい感じ。↓

2014-06-20 19.57.12