自宅内 24h AOR放送中

x_DSC0665

 

波の数だけ・・を見ていて思った。

「当時の曲はその当時の方法で再生して聞くとそれっぽい」かも。

だからと言って今さらLPレコードで聞くのも大変なので、FMラジオで受信してみることにした。つまりソースをFM波として飛ばしてラジオやコンポで受信するのだ。

木造二階家屋の端の無線室wに送信機を設置し、二部屋挟んで反対側の端にある寝室、その下の自転車部屋、そして遮蔽率の高い風呂場でも良好に受信できるようにしたい。つまり自宅のすべての部屋でAORのFM放送を受信できるのが目標だ。

ソースをFMの電波に変えるにはFMトランスミッターが必要になる。FMワイヤレスマイクと呼ばれる物に近いがステレオで送信する必要があるのでそれなりの機器が必要だ。

iPod/iPhoneをカーステレオのFMラジオ聞くための機器はずいぶん売られているが、その手はだめ。カーアクセサリーなので小型なケースに入れられて(つまり送信用のアンテナなんか無い)車内程度しか使えない。

80年代に改正のあった電波法で無免許無許可のワイヤレスマイクは確か出力0.001W(1mw)まで、電波到達範囲は5m以内と定めされたと記憶してるので(違うかも)、それを超えると電波法違反なのだ。

微弱無線局の出力の許容値は3mの距離における電界強度が500μV/m以下
・・・と言われてもピンと来ないが。。

Amazonで探していると(たぶん)中国製造のFMトランスミッターを発見、1つは送信出力0.1W/0.5W切り替えで7,800円、もうひとつはその上位機種のようで1W/7Wで10,500円。これこれ!・・おもわず買いそうになったけどw、日本で使ったら完全に違法。で、次に見つけたのがこれ・・なんだこれ?

414DJ5s5sJL._SL500_AA300_

サンコー PC内の音楽を自宅のコンポで USB接続FMトランスミッター

この手の商品としては多い67件ものレビューがある。評価もそんなに悪くないしずいぶんと電波が飛ぶようだ、何より値段が980円!なので早速だまされてみたら、だまされる事なく先に挙げた目標をあっけなくクリアしてしまった。

iPhoneのイヤホンジャックとPCのUSB(電源を取るため)にそれぞれ接続し、FMバンドを受信できるトランシーバーを持って移動しながらテストすると自宅すべての部屋でS9+20〜40db(強すぎるということw)、音だってそんなに悪くない(決して良いとは言わないが)。ラジオで聞くには十分な音質だと思う。なんたって980円だし。

2014-04-24 07.30.38

USBとミニジャック間のケーブルをアンテナにもしているようで、伸ばしたり丸めたりすると受信強度が変わる。自宅外へ出ても良好に受信できてしまうのでこれはマズいとケーブルを丸めて小さくしたw 伸ばしたまま使うと飛びすぎて御上に捕まる・・かも知れないので自己責任でどうぞ。

到達範囲を狭めるため、アンテナ(ケーブルを)ほどほどに丸め自宅の中心に設置してみた。PCから離れたので電源をUSB用のACアダプターに変えたところラジオではっきりとわかるほどのノイズが乗り出したが違うACアダプターに変えたら今度は問題無し。電源を取る場所はよく選んだ方がいいかも。

 

その後一週間ぶっ通しで送信にしてるけど、特に熱を持つこともなく安定して受信できてます。受信のおすすめはモノラルラジオ。これで十分。ヘタに良いコンポなんかで聞いてしまうと、音が良いわけではないのがバレる(笑)