シロモリ完成

出掛けにぽつぽつ降ってたので、デジカメ持参はあきらめて携帯のカメラで撮ったけど、ヒド過ぎる・・補正して、これ。#構図はカメラの所為ではないけど。

あ、散髪行くので続きは帰ってから(笑)

>>>
散髪行ってきました。油断して寝てたらずいぶん短く刈られたけどクレームは言わないでやる。900円だからな。

で、シロモリ。
土曜日まる一日使って組み上げ、日曜は予報も雨だから家で細かい調整を・・と思ってたんだけど、降らないので慌てて支度をしてCRへ、直後パラパラ降ってきたけど。

乗ってみた感じはやはりクロモリ。通勤号のビアンキVOLPEとそうは変わらないかなという最初の印象。

漕ぎ出しの反応はそれまでのアルミフレームの方が判りやすくて良いです。
今日はソールがそう硬くないシマノのSPDサンダルで乗ってたので、特にそう思ったのかもしれない。
次回はペダルをSLに戻して走ってみます。

加速は良いです。ぐい〜んと(←伝わらない表現)加速します。ぎゅい〜んと伸びる感じがしますw
アンダーパスの上りもいつもより楽でした。車重が軽くなった所為だと思います。
#鉄フレームでもカーボンパーツ無しで重量8.6kg(by タニタの体重計)

振動吸収性ですが、路面の振動の多くは吸収されず、乗り手にちゃんと伝えてきます。ただしトコトコとかポコポコという角の丸くなった振動で。これはこれでなかなか小気味良いです。路面の凹凸をいなしていく様子はアルミよりも鉄フレームのほうが良い感じです。

総評・・・30キロちょっとしか走ってないので、良くわかりません(笑)


シート高調整中で、下がっちゃってます。

ビアンキから移植したもの
・コンポ(Ultegra SL)一式
・ハンドル・ステム
・ハンドル
・ホイール(Campagnolo EURUS 2way-fitt)

新調したもの
・フレーム – 2010 ANCHOR RNC-7の新品をヤフオクで(笑)
・シートポスト 27.2mm(ビアンキのものは31.6mmなので使えなかった)
  →fizi:kのCyrano デザイン秀逸!
・サドル – SELLE SMP forma
・チェーン(KMC)
・ワイヤー類など

あと、
・バイプカッター (コラムチューブをカットするための工具)・・これで自転車組む工具はほぼ完備。めざせ自転車屋開業(笑)