プチ復帰。

スプリング、ショック交換と来たので、次はアルミホイール他を替えてみた。
自転車のね。

20090228140915x.jpg

#久しぶりの自転車ネタ。自転車ブログもあったんだけど閉鎖します。なかなか更新しない人がブログ2つも持っていてどうするのよ?という理由で。

昨年12月16日を最後に寒くてサボってた自転車だけど、モチベーションを維持する為にいろいろイジっていた。

まずコンポをシマノ最下位のSORAからいきなりULTEGRA SLへ。今までのリア9速から10速に増えたが、フロントは3速ではなく2速になり全20速。今までは必要の無いギヤが多すぎてただ重い飾りだった。BBがホローテックIIという規格になったという事を知らずに、組み立て始めてから慌てて専用工具を発注・・しかし自転車工具増えたな。そのうち開業できるかも?w

そしてホイールをカンパニョーロ・ユーラスの2way fitに。前後合わせて1550g。2way fitというのはクリンチャーとチューブレスタイヤの両方に対応してるということで、当然チューブレスタイヤを付けた。チューブレスタイヤはまだ選択肢があまり無く、簡単に手に入るのはiRC Formula PROとユッチソンくらいか。今回は前者をヤフオクで調達。ビードが固くて装着にちょっと苦労した。装着後数日で少々空気が抜けていることが判り、手強さを予感した。軽く走ってきてそれでもダメなら装着し直す予定。
※25年前に乗ってたFiat X1/9は純正でカンパのホイール履いてたなあ。

入門用ロードバイクのごっついアルミフレーム、シート周りやヘッド周りには何も手を入れてないので、重量はホイールとコンポを軽量化しても8キロ台・・まあこんなもんだ。

一週間程前に組み上がってたんだけど、本日ようやく試走。
走り出してすぐ感じたのは「腹出たなあ」と「こんなに前屈みだったか?」。自転車サボった上に飲食フリーで(当然体重もフリーフォール)で昨年のベスト時から10キロ増だ。前傾姿勢で腹が引力に引っ張られて苦しい。低速ではフラフラしてしまい重心が以前よりも上に来てるのが判る・・・こんなインプレッションはどうでもいいか。

20090228141009x.jpg

携帯ポンプも替えた。ロードモーフG。8kg/barくらいは楽に入る。

以前の乗り味と比べるのは難しいんだけど、ホイールの軽さに関しては直接はっきりと感じなかったが、無意識に重いギヤに入れて走っていたことから相当軽くなってるんだと思われる。それよりも路面からの突き上げや振動の感じがもの凄く良くなった。凹凸を乗り越えるときも「コン」という角が丸く乾いた手応えがして小気味良い。荒れている路面もチューブレスタイヤが綺麗に吸収しているようで、これなら長距離やっても疲れないと思う。(ポルシェの脚もこうしたいんだが・・)
このホイールとチューブレスタイヤの組み合わせは大正解だ。もう戻れない世界。

新しいコンポにまず感じたのは、ブレーキの良さ。ブレーキレバーが軽く、利かせ方のコントロールが非常に楽。これレースやる人は絶対に必要不可欠な部分だと思う。ギヤチェンジもカチッカチッと決まるんだけど、それよりも今までのギヤ比感と違うのでちょっと戸惑った。上りでリアを一番ローにしても足りない感じ。もうひとつかふたつ欲しいなあ・・と思いつつそのまま登ってしまったけど、フロント側をインナーに落とすべきなのか、それとも久しぶりで脚力が落ちてるだけなのか?走り込めば解決する問題かな・・。

で、近所を一時間、15キロほど走っただけで帰宅。インナー履かずにジーンズで乗ってたので久しぶりにお尻が痛い。腕も脚も、なんか重い。体が一年前に戻ったようで、ゼロからやり直しだ。

本日のデータ
 走行時間 約1時間
 走行距離 15.6km
 平均速度 計測せず
 最大速度 計測せず
 消費カロリー 計測せず

docomo PRIME F-01A