060930 Sat

続・エルマー 2.8/50。



いつもJPEGのままで撮ってるんだけど、今日はなんとなくRAW(同時にJPEG保存)で撮ってみた。
手間をかけた分良い感じ。







EPSON R-D1s + Elmar-M 2.8/50











EPSON R-D1s + Elmar-M 2.8/50









EPSON R-D1s + Leica Elmar-M 2.8/50




この写真のRAWデータと一緒に記録されたJPEGが下の写真。
もともとモノクロモードで撮っていたんだけど、RAWで撮っておけば後でカラーでも残せるので便利。





EPSON R-D1s + Leica Elmar-M 2.8/50 モノクロの階調も良い。






このレンズ、いつも使ってるツアイスやニコンと違って妙に大人な感じだ。
近いうちに京都に行くので、これ持参して撮りまくる。



060929 Fri

エルマー 2.8/50。



ロシアンレンズに続き、いろいろと模索中・・・変な写真ですいません。





EPSON R-D1s + Leica Elmar-M 2.8/50









EPSON R-D1s + Leica Elmar-M 2.8/50









EPSON R-D1s + Leica Elmar-M 2.8/50






ライカバージン、ふぅ!♪・・なのでこの程度の写真でも、ちょっと驚いてる。
こんな写り方するレンズは持って無かった。

明日も、マンボ系万歩計つけて撮り歩き予定。




060928 Thu

Planar 1.4/50 ZF 初秋のポケ三昧



今日は数十数回目の誕生日なので、出社を遅らせて途中の住吉駅で下車。猿江恩賜公園で写真を撮ってきた。(誕生日に限った事ではないが)

見よ、プラナーのボケ炸裂。
マクロレンズとはまた違う気持ちよさ・・撮った本人が一番気持ち良いんだけど。







Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF




Planar 1.4/50 ZF 初秋のポケ三昧の続きを読む

060927 Wed

Jupiter 8



Jena Sonnar と比べたくて撮ったんだけど、かなり似てる。
値段の差を考えると悔しいねえ。

それよりも、気になったのはJupite 8 の「絞りの数値がズレてないか?」ということ。
この日は露出計を持参していたし、D200のファインダ情報からも露出の数値を見れたので、そんなに外れるとも思えないんだけど、多くのポジで露出オーバーに転んでた。
レンズのクセの範囲と思いたいが、1段くらいズレてる気がするし・・・Jene Sonnar でこんなことは無かった。

もっと気付いたのは、久しぶりの35mmで、6x6との情報量の違いをまざまざと感じてしまった事。









Contax IIa + Jupiter 8 + RDP III 











Contax IIa + Jupiter 8 + RDP III  











Contax IIa + Jupiter 8 + RDP III






3つともPhotoshopでシャープネスとコントラストを持ち上げてる。
じゃないと、眠い。

このあと、白黒フィルム入れたんだけど、いつ撮り終わるか未定。
このカメラを操作したいと思うモチベーション次第なので当分先か・・・。




060924 Sun

マクロ持って散歩。



Jupiter 8Mの試し撮りをしようと思ってたのになかなか手が空かず、陽が傾きそうになって慌てて出掛けた。

以下はそのついでに持参した D200 + ニコンのマクロ 60mm での写真。
マクロレンズだけあって、質感の描写に優れていて彩度もちょっと高いんだけど、遠くもバッチリで実に使いやすい。









Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
コンクリート塀にペイントした塗料のシズル感(?)まで写る。クリックで拡大。











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D 「ハイタッチ」











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
これ、Photoshopでコントラストだけイジった。プロビアで撮ったみたいな空。











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
絞っても、ちゃんと遠近感がある。











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
こーゆーのは、マクロレンズの独壇場。











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
HASSELBLAD 500C/Mで撮った作例にある標識を撮った。約8週間でこんなに草が伸びた。











Nikon D200 + Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D








いやー、AFは楽。その上AEだもん。

それと比べてはいけないが、Jupiter 8M を付けたカメラ、Contax IIa を久しぶりに使ってみると、シャッターが静かで実に良いんだけど、フィルムの巻き上げ作業とピント合わせのし辛さで、撮影のリズムが全く取れない。
ファインダーが明るくて、ピント合わせが楽で、シングルアクションで巻き上げの出来るレンジファインダーが欲しくなった(Leicaを買う前振りではないぞ)。




060922 Fri

本日の入荷品



諸般の事情により、[es]が来た。
こればかりは、仕方ない。






DSCF0279.JPG
Fujifilm Finepix F30






んなもの2台あってどうするよ・・・と思うでしょ?
Apple Newtonを12台持ってる人間に「たった2台」なんて数のうちには入らないし、それを言うならカメラなんかもう何台持ってるのかわかんな・・・(馬鹿)

もちろん、W-ZERO3のSIMを[es]に差し替えたので、電話機としては一台だ。ランニングは低く抑えたい(笑)。


来たばかりで使用感も書けないけど、一番良いと感じたのはその質感。ディンプルにしたことでやや高級感あり。滑りにくいし、何よりオヤジ油がテカらない・・・これ重要。

小さくなったディスプレーサイズに比例してか、老眼鏡愛用者の裸眼ではシステムフォントのサイズが目に痛い。小さすぎるぞ。W-ZERO3も小さいが、あれの半分程度という感じ。

※追記 : もちろんフォントサイズを大きくする事は可能。せいぜい倍のサイズまで。


カメラはマクロ切り替えが付いたけど、オマケ程度のもの。性能はW-ZERO3から変わっていないと思われる。
普段デジカメ持ち歩いてるので、使わない機能ではある。




img002.jpg
[es]で撮ってみた。平均的なカメラ付き携帯と同程度か、それ以下か・・・。








入荷品のもうひとつ、ЮПИТЕР-8M(Jupiter 8M) 2/50。ロシアンパブレンズである。
つ、ついにロシアンか・・さてはそうとう金に困ってるな?・・うん。






DSCF0275.JPG
Fujifilm Finepix F30






これは Carl Zeiss Jena Sonnar(イエナ・ゾナーと読む。数万円のお品) のコピー品(旧コンタックスマウント)で、そのオリジナルのJena Sonnar 2/50で撮った写真はこのブログにも載せてるんだけど、どうもコピー品(数千円のお品)の方が相当良いという話があって、そんなバカな話はヨシコさん・・とばかりにネットで作例を見ると、これがチクショーかなりいいじゃーないの(涙)。いいか、わるいか、で言うと、かなりいいんだけど、でもツアイスぽく無いんだ。で、それを実際に確かめるべく落札した。


近日試写して公開予定。

ところで、「ЮПИТЕР-8M」←読める?








060921 Thu

さんま飯



クライアントとの会食から帰宅。
今、ななどろくぶある。
だから駄文は後だ。寝る。




DSCF0258.JPG
ついに登場。まず骨を抜く。



さんま飯の続きを読む

060918 Mon

無題



世間は連休らしいけど、家で仕事していて外へ出たのはイレブン屋行った時のみ。
写真も撮ってないので、以前(6/10)撮った写真を少々アップ。

タイトルを無題としたのは、何も浮かばなかったからではなく
逆に浮かび過ぎて、そのどれもが被写体各位からクレームが来そうなタイトルなので
仕方なく無題とした(笑)







Nikon FM3A + Nikkor 1.2/50 + NEOPAN 400 PRESTO 露出ミス。
「来れてうれしい人。来てくれてうれしい人。」






無題の続きを読む

060910 Sun

ひさしぶりに北上。



6月末にセットアップを殆ど終わらせていたETCをようやく使った。

人生で初めてETCレーンに進む・・・目前に迫るゲートがちょっと怖い。後続車もいたし、ちゃんとゲートが開くか心配だったけど無事クリア。
一度クリアしてしまうと気は楽になるが、その後ゲート直前で「あ、開かないか?」と心配になり、ちょっとプレーキ踏んだりしてしまった(笑)

帰路、深夜だった事もあり、高速代が半額なのが実に有り難い。





FUJIFILM FinePix F30









FUJIFILM FinePix F30 マクロ  junちゃん似のバッタ




もうひとつ有り難いのが、最近(でもないが)出来た外環三郷線の「三郷南」出口。自宅までの到着時間がかなり縮む。
上記したETCの深夜割引で外環は250円だったし、もうありがたいありがたい。







060906 Wed

おばけ発見!

(キャッチーなタイトルに釣られて来たね)


近くにおばけが居るらしく、いきなり赤く光り出した。


baketan.jpg


身を守るため、説明書通りにボタンを長押しし、バリアモードにすると緑に変わった。
これでもう安心だ・・ホッと胸を撫で下ろす。

このストラップは「ばけたん」という名で、おばけを発見する機能があるそうだ。


おばけを発見するその仕組みとは・・・

「ピエゾ素子と、基板上に組み込まれた特別な回路をアンテナとして使用し、電子サイコロのような乱数の発生ではなく、空間の温度、時間、振動、音圧、電磁波、その他未知のエネルギーの影響を受けることで真性乱数の発生を可能にした超小型の真性乱数の発生装置(特許出願中)と、空間へのフィードバックディスプレー、及び評価プログラムにより出来上がっています。」

・・・んーん。そうかなるほど。さっぱりわからん。
第一級アマチュア無線技士の無線工学レベルでは太刀打ちできない凄い理屈である。
凄いから、酔った勢いで買ってみた。Edyでピッ。


これ、一部でちょっと流行ってるらしい(笑)
・・・欲しくなったろ?






柴又土手散歩・その2



続きの銀塩版。


一眼や二眼のカメラの多くは、レンズを通って来た光を鏡で反射させて、真上にあるスクリーンに下から投射して、それを撮影者が見てシャッターを押す。

この日カメラに付けていたスクリーンは純正ではなく、真ん中にストリップレンズが入っていてピント合わせが非常に楽という代物。ハッセルの多くのスクリーンはピント合わせがちょっと難しいので、こういうモノに逃げてみたわけなんだけど・・・それが裏目に出た。





HASSELBLAD 500C/M + Carl Zeiss Planar T* 2.8/80 + RDP III



柴又土手散歩・その2の続きを読む

060903 Sun

柴又土手散歩



30℃あっても湿度が低く過ごしやすくなって来たので、ひさしぶりの散歩写真に出掛けた。

ハッセル一式にプリズムビューファインダーを付けたら(当然だけど)なおさら重くなった。仕方ないので銀塩は一台。
デジカメもコンパクトを一台だけ持って、いざ柴又帝釈天へ・・ヘイ、タクシーで約1,000円也。







KODAK V570



柴又土手散歩の続きを読む

Search