060422 Sat

京都・2



プラナーをひとつふたつ絞って使う・・。
ボケとシャープの両方を一度に味わえて、じつによろしい。
ぼけぼけを味わうための、ゆるゆるすぎて見るに耐えない写真の乱発から、少しだけ学んだのだ。






Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF








京都の学生は羨ましい。
川っぷちでデートもコンパもバーベキューも、なんでもできる。

一度くらい賀茂川でデートしてみたかったなあ。


Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF










Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF










Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF










060421 Fri

京都・1



東京と比べると肌寒い京都です。
ぱっとしない天気の中、午後から仁和寺に行ってきました。
「御室の桜」と言われる立派な桜がまだ咲き残っていて、平日の昼間なのに混んでます。
150枚くらい撮ったものの、ロクなのが無い・・調子悪いなあ(笑)






Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF










Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF










Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF








明日から土日とも曇のち雨の予報・・東京は晴れらしいね(悔)

060417 Mon

どどっと400



みなさまお元気でお過ごしですか? しばらく更新をサボってました。
天気の悪さを言い訳に、あまり写真も撮れませんでした。


さて、今夜から京都に行きます。
あちらの天候もぱっとしないようですが、週末は写真を撮ってふらふら歩こうと思ってます。
時間があれば京都から更新するかもしれない。

タイトルの「どどっと400」は、ニコンの子会社、株式会社ニコン技術工房が販売していた、「Fun・Fun・LensSet Nikonおもしろレンズ工房」という3本セットのうちのひとつです。

400mmの固定絞り、デジカメに付けたので35mm換算で600mmで、その上F値が8だし、手持ちだし(笑)手ぶれは必死なので明るいうちに撮ろうと慌てて会社のベランダに出たけれど午後4時・・光量ぎりぎりか。









Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF

デジカメなんで換算75mm位だとこんな感じ。水平が出てないのはご愛嬌ね。
中心辺りの青い部分に注目。








で、どどっと400に変えてみた。換算600mm。



Nikonおもしろレンズ工房・どどっと400/F8

看板工事の人服装やヘルメットの色までわかる。写真をクリックすると大きく見れる。


ここまで寄れると面白いけれど、常に手ブレで揺れている状態。被写体にピントを合わせるのは容易ではないし、あまり楽しくもない。だからあまり使う機会も無かったのだ。
普段望遠レンズを使っても120mmくらい、デジカメで使っても換算180mmなのでここまでブレないし、だいいちVR付きなので楽チンだ。


望遠に三脚は必須なんだろうけど、僕のような快感原則だけで写真撮ってるスナッパーは三脚を持つと行動しにくくなるんだな。
※いっちょまえの三脚は持ってるんだけど、三脚立てて通行妨害してた有名写真会のあまりに酷いマナーを目撃してから使いたくなくなった。


話をレンズに戻すけど、この「おもしろレンズ工房」は、商品名どおり楽しさ面白さを目的に発売したんだろうけれど、そこはNikonだ、良く写る。期待してなかったぶん、ちょっと驚いてる。

他の2本のレンズ(魚眼とマクロ/ソフト)で撮った写真もそのうち載せます。







060411 Tue

雨後曇・曇り・曇時々雨・曇り・曇時々雨・曇り



このタイトルはなんだっ!

今週の、明日から来週月曜日までの東京の予報だ。
昨日もそうだし、今だって降ってる。


この予報見た瞬間、ノストラダムスの大予言に「恐れの木曜日から晴れる事は無い」とかあるとかいうような文章があった事を思い出した。核爆発の影響なのか異常気象なのかは忘れたが、空一面雲に覆われて、もうずっと晴れない・・「もうずっと」というのは世界の破滅まで、だ。
※「空から魔王」が降りて来る時にそうなるんだっけ?
 ・・・読んだの30年以上前だ。全然覚えてない、読み直してみようかな









Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF  寒い。








そんなことより・・今の問題は天気よりも気温だ。
先週末に自分の部屋のガスファンヒーターから急に異臭がしだし、
フィルターのホコリを取ったり原因を調べたがさっぱり判らない。

どうも不完全燃焼しているようなので、そのまま使ってしまうと・・都会の片隅でままある記事として地方版の隅に載りそうだし、といって使わないと凍死でやはり地方版のままある・・・だ。

この時期にストーブ買うのは悔しいよなあ・・買ったとたんに太陽が出て暑くなって「ほらみろ、まただ」という事になる。

※内輪ネタだけど、行田のとある翁は痴呆だか呑み過ぎだか何かの強迫観念で、世界中の高級石油ストーブを買い集めまくって、ほぼゴールに近づいているらしい(ゴールってどっちの?(笑))・・・呪いに怯え、死ぬまで家を増築し続けたマンチェスターハウスの例もあるが、スケールが違うか。でも、故マンチェスター夫人もあれだけの数のストーブは所有していなかったはずだ。









D70 + Nikkor 24-120 VR  SVOLVAER, NORWAY.
寒いと云えばここ。北極圏だし。とっても寒いが移住したい。オーロラなんかもう吐きそうなくらい出らあ(笑)







060410 Mon

稍 重



仕事サボって Mac mini / Intel に bootcampでWindows XP入れてみた。
インストールは順調そのものだったけど、あ、AirMac(無線LANカード)を認識しなかったり、NTFSにしちゃったり(FATじゃないとMac側から書き込めないとか)・・。
まあいいや、今度真剣にやってみる(笑)

Windows立ち上げるのにブートし直すくらいなら、VirtualPCのインテル用版を待つほうがいい。もう一台安いWindowsマシン買ってきたほうがいいか。
※VirtualPCのPPC用持ってるんだけど、うちのIntel Macにちゃんとインストールできないんだ。


で、bootcamp/XPだけど、ちょっと動かした感じては、結構速かったよ。
(うちにあるWindows機は800Mhzだから比較にならないけどね)

スペック食いのMSFS2004をインストールできるか試してみようとは思ってる。
これがちゃんと使えたら、ホンモノだ。


追記1 : 上記の「AirMacが認識しない」というのは、Windows XPからMac mini内蔵のワイヤレスアダプターが動いてくれないという意。
具体的には、ハードウエアの追加で認識された Atheros AR5006X Wireless Network Adapter のドライバ(ちゃんと存在していてコピーできている)がロードor実行できないようだ。惜しいなあ。
ワイアレスを諦め、イーサコード繋ぐと一瞬でDHCP叩きに行って接続した。

動作はやはり速い。
サクサクというのはこーゆー事なのね。


追記2 : で、お楽しみは次回に取っておこうと、たった今、パーテーションごと全部消しちゃった(笑)





Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF











Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF











Nikon D200 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF




明日も寒そうだ。。。



060407 Fri

モスバーガー



生粋日本のハンバーガーである。
常に新しい商品開発を手掛け、お客の度肝を抜く。
そのひとつ、ライスバーガーって、具の挟み方を変えただけの「おにぎり」だろ?とは決して言わせないその雰囲気。
アメリカ人が何と言おうと、日本食として、そもそも、美味しい。





RICOH GR Digital




なのにもう、かれこれずっと前から・・まだ昭和の頃からだと思うから、17-8年もの長い間、判らないままになっていて、たまに困るけど、すぐまた忘れてしまう事がある。


それは、モスバーガーの「上手な食べ方」だ。

包みの紙の三角形の尖った袋の部分に、たっぷり残った・・というより、最初から袋の部分に流れ込んでいるソースを、スプーン等使わずに全て味わう方法を。


その、尖った三角形に溜まった上等なソースを、「食べにくいから」という理由で簡単に諦めてしまえるほど、僕は大人ではないし、他の客の目を気にしてズーズー音を立てて思い切り吸ったり、舌の届かないその尖りの奥までスプーンでほじほじほじって口に運べるほど子供でもないのだ。


とくに先日始まった新メニュー、「カツカレー」のカレーソースは実に美味かったのに、ズーズー・ほじほじ出来ないが為に、そのソースの完全制覇目前にして涙ながらにリタイヤした人はたくさんいると思う。悔しいなんてもんじゃない、その晩はきっと寝られなかったことだろう。


その後悔から、二回目の挑戦はテイクアウトにした。
今度は完全制覇のための方法をキッチリ考えて挑んだんだ。

どう挑もうと、三角袋にソースは溜まる。その処理が勝敗を分けるんだが、今回はテイクアウトだ。まわりに誰もいない今がチャンス・・とばかりに、ぐいっ・・と、その尖った袋の部分を裏返し、ちゅーちゅー吸ってぺろぺろ舐める。(こーゆーの得意な友人が東所沢にいるが・・)
・・・・・ふふふ、どーだ、参ったか。


こんなんでいいのか?モスバーガーの食べ方。





060406 Thu

春 色



今日はウインドブレーカーをカバンに突っ込んで、シャツ1枚で出社。
気持ちのいい晴れ方で、カメラを忘れると後悔しそうな日です。


桜の散り際を撮ろうと、ツアイスに押されてこのところ出番の無かった Nikkor 50mm F1.2 を持ち出してみた。
このレンズもお気に入りの一本で、解放の被写界深度は紙一枚の薄さに感じるけれど、ピントがあった場所のシャープさと、そこから外に向かっていくフワフワな柔らかさに引かれてしまう・・そんな逸品。作った人の名前を彫ってほしい程だ(笑)









Nikon D200 + Nikon Nikkor 1.2/50
これが何かは判るまい(笑)











Nikon D200 + Nikon Nikkor 1.2/50











Nikon D200 + Nikon Nikkor 1.2/50

空のところに「迎 春」と入れてみたい(笑)











Nikon D200 + Nikon Nikkor 1.2/50











Nikon D200 + Nikon Nikkor 1.2/50

入学式の帰り?に記念撮影する親子。この時期、国旗を校門に掲げてる小学校を見かける。









060405 Wed

いろいろ



ちょっと(気持ちが)忙しくてなかなか更新できないんですよ。
だから写真は無しだ。

※追記 : と思ったけど、寂しいので一枚載せました。







Nikon F5 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF + Kodak 400UC
プラナーっていいなあ、ちょい絞っても、また良い。






■Mac mini(Intel) のメモリを自分で増設した。

買う時すっかり忘れてたんだよね、メモリのことを(笑)
で、ディーラーに預ける時間なんか取れないので自分で増やした(もう保証効きません)。

以前のMac miniはともかく、Intel版になってからのやつは結構厄介な作業を強いられます。
見えない所とは言え(下側)傷も付くし、気持ちもちょっと凹むし、手も挟んだ(涙)
買うときに増やすか、ディーラーに出したほうが絶対にいいです。

もともとが512MB実装だったので1Gプラスして1,512MBか・・ところが筐体を開いてみると、512MBは1枚ではなく256MBx2枚で、スロットはもう埋まってる・・ショック。
仕方なく256MBを1枚外して1Gつけて、計1,256MBだ・・ちっくしょー(小梅太夫風)

Appleだけじゃなく、最近はどこもこれだ。結果メモリが手元に余る増設方法をなんとかして欲しい。ぞ。


欲しいと言えば・・・


■Nikon D200だ。

これさえあれば非CPUレンズで絞り優先できる。
気取ってマニュアルカメラで撮ったりもしてるけど、本当はAモードが無いと生きていけない下手っぴなんですよ、私。

最近、D200にPlanar付けて撮った写真を他人様のプログでよく見かけるんだけど、はっきり言って、悔しいぞ。
また「ちくしょー」だ。

D200 with Planarで、絞り優先が使える気持ちよさ・・Priceless(笑)




060402 Sun

アストラッド・ジルベルト



今朝起きて泡盛二日酔いアタマで無意識に選んだのがアストラッド・ジルベルトの声だ。

なんでかな、4月になる頃いつもボサノバ系の音を聞きたくなって、例年この時期にこの手のCDが増えるんだけど、のへっとウキウキの音が好きなだけで、ブラジルとは交信した事はあるけど(笑)特に興味も無いし、行きたいと思った事も無かったんだけどね。




↑写真は数多い彼女のアルバム中一番の酷い写真で、どちらかと言うと「ガラモンの女装」かと思ってしまう(笑)・・(そんな写真出すなっ!)でも、その分内容はいいっ。




うー、やっぱいいなあ。
今日はずっと、彼女のアルバム4枚取っ替え引っ替えでもう20時間くらい聞きまくり。
途中、昼にタコ焼き。夕食に鳥の水炊きをポン酢で食しながも、ボサノバだった。

ガルコスタも好きだけど続けて長く聞けるのはアストラッド・ジルベルト、んーん基本だ。
※途中、割と好きな小野リサに変えてみたけれど、今日はだめだ。すぐ元に戻した。

とくに Tristeza (Goodbye Sadness) は最高。名手Walter Wanderleyのオルガンをツインリバーブに突っ込んだような音が軽快でたまらない。もう心はコルコバド(行った事ないけれど)カメラ下げて行ってみたいぞ。


・・という状況が、たぶん今年も6月位までは続くんだけど、それ以降はさっぱり聞かなくなる。夏になるキワまでのボサノバで、それ以降は熱すぎてだめなのかな・・。


普段カメラ下げて写真撮りながら、よくiPodで聞いてるのは、ミスチルとエブリシングバットザガール(の昔のやつ)の繰り返しで、そこにスティーリーダンとspeechとビルエバンスとかが割り込んで来る・・・何事においてもノンポリだなオレ(笑)






060401 Sat

さくら・おしまい。



さくらさくらでさくら疲れの上、急に冷え込んだので体調不良です。
ここに来てまたジャンバー着るとは思いませんでした・・まさに三寒四温。
みなさまもどうぞご自愛下さい。

桜の写真は下の一枚で最後にします。
泡盛で頭痛いので、今日はこれで。





F5 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF + Kodak ELITECHROME 100








Search