R0012662-bw.jpg

梅雨は明けたというのに(嘘)相変わらず薄曇りの東京だけど、昨日に比べやや涼しいか?という気持の後押しもあり、ついにハッセルブラッド担いで撮ってきた。

やや涼しい・・なんてことは全くなく、十分に暑くて12枚撮りフィルム2ロールでギブアップ。
構図決めて、露出計見て、絞りとシャッター速度決めて、ピント合わせて・・あ、ピントの山がつかみ難いな・・・よし、シャッター・・あ。。。フィルム巻いてない・・なんて事を下向いてやってるとカメラに汗がポタポタ落ちてくる。(ウエストレベルファインダーなので上からのぞく)

※途中でフィルム交換した直後、ファインダーを覗いたら大きなアリ(ariさんに非ず)のシルエットがスクリーンを歩いていて驚いた。フィルム交換の時に岩の上(日本庭園の中だった)にボディを置いてたので入り込んだらしい。
このアリが出てくれなくてカメラを振ったりしてちょっと苦労した。・・・写真に写り込めば楽しいんだけどね。

気になってたデカさと重さはまったく苦にならない。持って歩くのはD200よりも身軽な感じがするが、その大きさからカメラは目立つようで、40分程で二人に話しかけられた。
一人目は公園整備の方で、作業中の写真を撮らせて頂いた。
もう一人は(たぶん)その公園に住まわれている方で、「暑い中大変だねえ」と労をねぎらって頂いた。